2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

大辛 坦々麺

 【15//2015】

私が好んで食べる辛口ラーメンは2店。正確に言うと、1店は最近、支店ができたので3店舗となります。

今回はその1店舗である「永吉」のご紹介。店長は元、聘珍楼に勤めていて、一品物も美味しく数多くあります。

夜は中華居酒屋と化すメニューです。ここは、担々麺の名店で今回2回目、昨年夏に来て以来です。

この店は店名の由来である矢沢永吉のファンの様でBGMがYAZAWAです(笑)

昨年夏に来た時はレゲイがながれていました。

昨日(2015/02/14 )、土曜日に入りましたが11:30オープンで12:30ごろに入店。満員でL字カウンターは一杯。私が入ってすぐ小上がりの2人掛けテーブルが空きました。掘りごたつ形式では無いのですね。

ウーロンハイ(390円)、焼き餃子(390円)、坦々麺(850円)を大辛にして、サービスの半ライスをつけていただきました。

まずは、ウーロンハイと突き出しの辛味ザーサイ。



辛味があるザーサイのツマミで、歯ごたえも有り美味しいです。次に、餃子が来無いかなと思ったら、予想外の坦々麺。



餃子は数が限られていることと人気メニューで、立て込んでいる様です。

前回は普通の辛さを頼みましたが、大辛もけると思い頼みました。が、赤羽の中華タンタン麺の裏メニューの地獄刀削麺より辛いかもしれません。と、言っても、まだ、中華タンタン麺では辛さ調整をしていませんので、大辛にしたら中華
タンタン麺が勝つかもしれません。

辛くても旨味があることが重要ですが、流石です。香りも高くゴマを多く使ったコクと旨味は人気が出るのは分かります 。麺は平中太麺。スープがよく絡みます。

さて、焼き餃子も登場です。



大ぶりで、ころっとした餃子です。まずは、餃子のタレを作ります。お酢を器に入れてから辣油、醤油の順に入れます。これは、お店側への配慮ですが、お酢を入れてから辣油を器に入れると、辣油の油は器にへばりつかず、簡単に洗い流せます。醤油は少量で。餃子の餡の旨味を殺さない為です。

タレの量は食べる量でできるだけ消費出来る様にいっぱい作らなことが礼儀です。これは、お刺身でも同じことで、器に使用量以上に入れることは料理を作った方への拝領が無いことです。別にズケを食べさせるなら加工をしています。

さて、餃子のお味ですが、店が自慢するだけは有り、餡の旨さは絶品です。

今回、お酒はウーロンハイ1杯のみとしました。私は酒を飲むと食べなくなってしますからです。ただ、お酒はあまり良くなさそうです。焼酎は、お店の確認をしていませんが、宝焼酎を使っているならまだしも、韓国の眞露あたりをつかていそうです。妙に甘いです。

ここで飲む酒はビールか紹興酒の方が体には良いかもしれません。総評としてはその点を含めてもAランクでしょう。

定期的に行きたいお店です。





関連記事

Category: 麺類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks