2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

# iPhone4Sのバッテリー交換

 【04//2015】

朝の通勤で、iPhone4Sにイヤフォンを付けて音楽を聴きながら、ニュースを見ていると、40分位でバッテリーが60%になってしまいます。もうそろそろ、バッテリー交換ということで入れ替えをしました。

以前、息子のiPhone4のバッテリ交換をしていますのである程度、要領はわかっています。 但し、4と4SではSoCもシングルからデュアルに変更され、細部の見直しもかけられていますので、開けていなくては分かりません。

ここからは、私の忘備録です。各自の責任で対応してください。当方では責任を負えません。本体を開けるとメーカー保証はなくなりますし、修理もしていただけなくなることを認識してください。また、有る程度、電子関連の知識がなくては、破損させることもあります。



iPhone4Sをpcにバックアップしてからの作業です。ドライバー含めたツールキット、本体と交換用バッテリーです。



まず、SIMチップを取り出します。



ドックコネクタ両脇のビスを専用ドライバーで外します。



次に、裏蓋をスライドさせますが両面テープのノリが少しついていたのか簡単にスライドしませんでした。



ドックコネクタ脇の取外したビスは、位置を間違えない様にトレーにかくのうします。筐体とビスは相性が出ていますので、ビスは同じ位置に戻すことになります 。



ここから、少し厄介になってきます。バッテリーの左脇にある金具のビス2個を外し接続ソケットをプラスチックのヘラで外しますが、金属板の下の黒いソケットまで外すと、こわれてしまいます。金属板の下慎重にへらを入れて金属板を浮かせます。

面倒なのは金属板の上側の止めビスとソケットの間にアース用の金具が有ります。これは4の時には有りませんでした。無くさない様に除けておきます。



金属のヘラでバッテリーを外します。両面テープでとめられていますので、慎重にこじながら浮かしていきます。

リチウム電池は、実はかなり危険なもので、釘などを打ち付け様ものならば爆発します。

よく、右側を浮かせたら左側の透明な樹脂のベロを引き上げる事を言われる方もいますが、私はそこわ触らずうかせます。ちぎれやすそうだからです。



左側のバッテリーが純正品で、右側が今回購入したバッテリーです 。差が分かりません。



新しいバッテリーの電極をソケットを取り付ける時に、アースの金具を忘れずにかましてからビスを締めます。バッテリー本体を左脇に寄せて置きます。元の両面テープの粘着だけで固定されます。

あとは、元通り蓋を締めて隙間がしほうに空いてい無いか確認してからドック コネクタ脇のビスを締めます。

その後、SIMを戻して電源を入れて動作を確認します。

今日で、バッテリー交換してから1週間経過しましたが、まったく問題ありません。安心してまだまだiPhone4Sは使用できます。




関連記事

Category: iPhone

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks