2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

アカヒレの成長と故郷の危機

 【26//2007】

ボトル・アクアリウムで6匹のアカヒレが元気に動き回っています。

ラスボラ同様、餌は、あればあるだけ食べてしまいますから、餌は朝に
少量を1回、一日おきに与えています。

環境の順応性はラスボラ・ヘテルモルファ以上の様です。換水の基本は
毎晩ですが、仕事が忙しく翌日の夜に換水でも問題はありません。アカ
ヒレを選択して間違いなかった様です。

大きくなってしまったらメイン水槽に移動させるしかありませんね。(^-^)

どの雑誌でしたか忘れてしまいましたが、アカヒレの故郷の一つである
ベトナムの川では観光地化が進み、環境汚染から絶滅の危機に迫られて
いる様です。

日本でも河川の在来種が環境汚染、外来種による捕食により壊滅状態に
なっている種が幾つもあります。

どれも、人間が自ら招いた問題です。便利になることは良いのですが、
一人一人が自然環境を真剣に考え、次の世代にも繋いでいかなくては、
我々アクアリストはPCや家電の中でバーチャルな魚飼育になってしまいそうです。

最近良く感じることは、その伝えるべき若年層は便利が当たり前な環境
に育っている為、少しでも不自由な環境になると、精神的に情緒不安定
になったり壊れてしまうことです。耐える力が無いのですね。

そのようにしてしまったのは年配層(と、言っても私はそんなに高齢で
はありませんよ(^ヘ^)v)の責任です。キャンプなど自然の中での『遊
び』や自然の中の気持ち良い不自由さをもっと教えるべきなんでしょう
ね。

関連記事

Category: 熱帯魚飼育

Theme: 水草水槽

Genre: ペット

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks