2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

左肩の靭帯損傷

 【12//2015】

12/8の夜の、駅の階段で思いっきりこけてしまいました。その影響で、左肩と腕に激痛が入りました。

4332b1f0a2c2404061542f554d53bb6b_s.jpg


インドメタシン配合の冷湿布は貼っていましたが、次第に浮腫みと痣が出てきて、左肩は殆ど上がら
なくなりました。

仕方なく、テーピングで引っ張るしかないと、ネットを参考に貼ることである程度動かせました。この時
、肌色のテープを買いましたが、本来治療の場合は、白いがっちりテープにしなくてはならないようで
す。肌色はスポーツ選手のような肩が痛めた時に使うようです。

土曜日となり、過去、腰痛が出た時に通っていた接骨院に行き診て頂きました。かなり腫れていたの
で、施術師も「大丈夫ですか?」と心配されましたが、肩、腕、鎖骨、胸を診て、「骨折はないようだ
けれど、左肩の靭帯がかなり傷んでいる」と言われました。

左脇には、包帯を巻いた物を挟み、肩を中心にに黒い湿布薬油紙を当てて、包帯で胸から肩をグルグ
ル巻きにされました。脇に挟んだ包帯は、炎症で二の腕が腫れて脇に密着してしまうからです。

af8b6c02cf22af11b119c06e615be008_s.jpg

首から腕を吊り上げる物も渡されました。できるだけ、脇に腕を寄せて、肘より掌を上げるようにと言わ
れました。

また、肘から掌までは、自分でマッサージしても大丈夫との事でした。リンパの流れが悪くなることか
ら、前腕と特に手の甲と指に浮腫みと紫色に変色してきています。

左肩が上がるようになるのは最低、1ヶ月半のようです。日増しに痛みが無いようなので、2~3週間で
だいぶ落ち着いてくるようです。

良かったことは、骨が折れていなかったことです。特に鎖骨は簡単に折れるようで、鎖骨は手術にな
るので大変なようです。

関連記事

Category: ヘルスケア

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 怪我 靭帯 損傷

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks