2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

飛鳥山での花見

 【06//2016】

2016/04/02(土)は、王子の飛鳥山で1人花見です。花見というより、桜の写真撮影です。今回
のテーマはα350にNIKON用にのレンズコンバータを使っての撮影です。左肩も動き出していま
すので、何とか撮れそうです。

DSC03826.jpg DSC03832.jpg

NkonFで使う138mmと標準レンズの50mmを使用。曇天で撮影では調整が厳しいい日和です。
コンバータを付けると、勿論、フルマニュアル撮影になることと、通常の感覚で撮影するとかなり
暗くなってしまいます。

DSC03809.jpg DSC03807 (1) DSC03806 (1)


かといって、補正度を上げすぎるとハレーションを起こしやすく、調整が難しいのは否めません。

DSC03805 (1) DSC03804 (1)


到着すると凄い人です。前日雨が降っていたこともあり、人の出は少ないかなと思っていました。
が、この週の中旬からが見頃とニュースが出ていたこともあり、家族連れ、学生、会社の同僚や
、近所付き合いの方。中にはご夫婦でカメラ撮影で来られている方々も多数見えました。

相変わらず、公園の舞台では民謡?演歌?で踊られる方々も。分野が違いすぎて、ほとんど聞
いていませんでした・・・。

桜は、と言うと、満開ではなく、8分もしくは9分咲きのものも多くありました。日本人は桜が好きで
すね。かこつけて酒が好きという方も多いですが、日本を代表するすると花といっても良いでしょう。

DSC03819.jpg


サクラ(桜)は、バラ科モモ亜科スモモ属(Prunus, Cerasus) の落葉樹の総称。

ということですが、日本では昔から穀物の神が宿るということで、特別視をしていたようです。

桜は綺麗ですが、桜毛虫がつくのが難点ですね。過去、実家の隣家が桜を植えていて、ある時期
になると、大量に桜毛虫が湧いていた記憶があります。

DSC03820.jpg DSC03821.jpg DSC03822.jpg

さて、今回様々なアングルで撮影して分かったことは、レンズが想定以上に分園レンズになってし
まうことです。138mmのレンズもかなりの望遠となります。

ズームにしなければ、50mmにしなくては、使い物になりません。

DSC03839.jpg DSC03838.jpg DSC03837.jpgDSC03857.jpgDSC03855.jpg

ここから、Nikonの単眼レンズを使っています。

DSC03850.jpg DSC03849.jpg DSC03846.jpg DSC03845.jpg DSC03844.jpg

昔のレンズの方が、淡い感じやボケの表現が出しやすいです。肩を慣らしながらですが、また、下町も
散策をしだしましょうかね。






関連記事

Category: デジタル一眼レフ

Theme: 写真

Genre: 趣味・実用

Tags : カメラ 一眼レフ フィルムカメラ 単眼レンズ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks