2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

ブッシュクラフト 【エッセイ】

 【03//2016】

ブッシュクラフトとは海外より取り上げられて、日本にもこの数年前より叫ばれております。大自然の中
で、最低限の道具を使い生活するもので、ウィキペディアでは、以下の説明があります。

b770fa706bc493cdf4ae1d7166393a20_s.jpg


ブッシュクラフト(英語:Bushcraft)とは、森林等の自然環境の中における『生活の知恵』の
総称であり、その行為や技術をそう呼ぶ。 相対的な区別として、サバイバルは『帰還』を目的とし、ブッシ
ュクラフトは『生活』を目的としている。ブッシュクラフトで実際に生活している人や、趣味としている人、生
業にしている人等、継続してブッシュクラフトを行っている人を、ブッシュクラフターと呼ぶ。


ナイフ、ファイヤー・スターター、水筒、コッヘル、シェルターといった、最低限のものを使用し生活をします。
上級者は、自然の物を加工し、カップやお皿も作られます。本当に自然の中で生活をしたい方には受けま
すが、ネオンが恋しいと、すぐに思う方は厳しい生活でしょう。

さて、ブッシュクラフターを目指すとして、まだ私が準備できていない物とすればナイフでしょう。目星は付け
ており、モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MGを考えております.

焚き火用のフェザースティックをつくったり、大【なことはできそうなカーボンスチールのナイフです。調理をす
ることを考えると、ステンレス製品や臼歯の物を考える必要があります。

本来はオールマイティーに使えるナイフが良いでしょうが、用途によって、厚み、形状、は変えなくては意味
がなくなります。ナイフも、ファイヤー・スターターもそうですが、単一にあるだけだと、壊れたり、何らかの
問題で使用不要となった場合、こまります。その為、バックアップの発想から、別途準備が必要です。

be2e97e9bae6a86063ab1ca9ab6d6936_s.jpg

特に、火を起こせないのは致命的です。100均ライター、ガスライター、ファイヤー・スターター等、複数所持す
べきでしょう。高山のような気圧が高い場所では、100均ライターがベストという話をよく聞きます。東北で震災
が発生後、九州でも震災が発生しました。そろそろ中部もしくは関東エリアに大地震が発生してもおかしくは
ありません。

危機感を感じ、備蓄や、装備をかためるかたはみえますが、アウトドアでの経験がない方が圧倒的なことから
、関東エリアで震災が発生した場合はパニックになると思われます。口上や、書物、インターネットで調べても
それは、実施者の経験値です。同じ様に、実現できるかは分かりません。

この事が分からない方が多いのが問題です。要するに、実行者同等のスキルがなくては実行できないという事
が分からないという低レベルな思い込みです。出来ないと、文句を発信者に言いますが、その方が低レベルな
ので実現できないことを、実現者にクレームという形で発信します。これが一番問題なところで、SNS含め、個人
が世界に発信できるという、とんでもない時代となりましたが、低レベルなな方は利用を間違いトラブルになって
います。

PCやネットワークは扱いやすくなり、家電化しました。反面、無知な人間が自分が能力があるような錯覚を与え
トラブルを発生させました。本来、pcやネットワークは、まだ、誰もが扱えるものではありません。商売にはなり
ますから、各企業は万人に使うようにしましたが、私は疑問があります。

SNS等をを通じて、1個人が企業を揺することを平気でするようにしてしまったのが良い例ですね。このような例は
、政府が徹底的に取り締まり、処罰しなくては無くならにでしょう。現在の日本政府は、韓国にも劣るアナログで
す。管理できるのでしょうか。

政治家は変わっても変わらないと思うこ国民が多い中、松本零士原作、「キャプテンハーロック」の中でハーロック
が退廃したせいじかを尻前に、守るべき者、故郷の為に戦うイメージが湧いてきました。ここで、松本零士さんの先
読み能力と、周りがどうであれ、自分が信じた仲間、家族を守るというポリシーは素敵だと思います。 これを知った時、自分が求めている”物”をやっと見つける事がが出来ました。物を作ることが好きで。
料理も作りますが、欲しいものがない場合は周りにあるも物を活用して、実現する事は小学校4年位
の頃からしています。

小学生の頃、両親、弟とキャンプに行ったのは2度程度でした。「母親は不便」と言い嫌っていましたが
、私はそれなりに楽しんでいました。時が経過して、友人のosapan家族と一緒にキャンプに行きだした
ことがきっかけで、本格的にバーベキューやキャンプに小さい子供を連れて行く様になりました。

確かに、基本、電気・ガス・水道もないのがキャンプですが、最近は、電気と水道、場合によっては温泉
もあるキャンプ場もあります。確かにライフラインがなくては不便です。私は、不便の中で、物を作り出す
喜びは日常生活以上、満たされます。生活ができるのであれば、その様な生活もしたいと思います。

ネットワークが発達してきたこの時代、アフェリLエイト等ををしながら、自然の中で生きていけるならば良
いのでしょうね。自然の中で生きるとしても、日本では開発が進んでいますので、かなりの田舎か、離島
となりますが、離島ですとインターネットは未だつながらない場合が多いので厳しいです。村に入ると、厳
しい戒律もありますし、農作業になります。あるいは狩猟でしょうか。

f0bcc55d85370710f7fee34fad58e3a9_s.jpg


私は、市より6畳くらいの土地を借りて、野菜やハーブを作ったこともあり、種々の野菜も調べたり、菜園お
諸先輩方に伺い自身もできています。ただし、私1人で管理となると厳しいですので、現在は辞めてしまっ
ています。

その様な生活は苦ではありませんが、程度でしょうか。実質は、どこかの村に帰属する方が、生活はしや
すそうです。ただし、電気・ガス(プロパンガス可)、水道がないのは結構辛いかもしれませんね。

ではどの様な生活を望んでいるかというと、平日は、自家菜園、ネットワークを使った仕事をして、週末には
気楽に電気・ガス・水道もない所でビバークやキャンプができるのが良いと思います。都心ですと、移動と時
間がかなりかかります。

通常は、田舎にいて、必要時は都心に行くという生活でしょうか。歳を重ねると、結婚式の話より、葬儀の話
が多いのですが、今は、昔ほど電話連絡が出来ないこともありませんので問題はないと思います。反面、歳
をとる事により、彼方此方に、不具合も出てきます。確かな病院がなくては辛いかもしれませんね。反面、自
然の中に入る事により、ストレスの軽減、免疫力のアップも見込めます。病気も減るであろうと考えてはいま
す。

私は、デジタル物も好きですので、この考えは相反する考えですが、私も人生の折り返しを超えました。下の
息子も、2年後には大学を卒業します。考え直す時期にきているようです。母は、大阪は堺の出身で、ネオン
がないのは伝と、幼少の頃から聞かされてきました。その母も、脳梗塞で昨年5月に、脳の1/3を損傷し、今
年5月に、やっと私の事も理解できましたが、同時に母が現状を認知する事になりました。

顔に表情がない中で涙していましたが、現状を知ってしまった様です。母は、辛い状況となりました。食事も
取れずに、鼻から管を入れて栄養を摂取している中、あと、どれだけ生きる事ができるのでしょうか。私は、同
様にはなりたくはありませんし、子供達にも長く生きてはもらいたいと思っています。

化学物質おうこうするなか、日本人の身体と心は蝕まれています。せめて、江戸時代の生活に回帰できれば
、各自が、本当の自分を見つけれるのでしょう。
関連記事

Category: アウトドア装備

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : ブッシュクラフト 自然

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks