FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

熱収縮チューブ

 【24//2017】

2017/02/22 あまり一般的ではないのでしょうが、配線の接続部等の保護に熱収縮チューブ
使うと、綺麗に保護ができます。チューブは、ドライヤーやバーナーなどでねつをかけることにより
収縮します。

絶縁テープなどでも良いですが、熱が加わるなどすると、周りにノリがはみ出してくるのが嫌です。
ダイソーでも、1部の口径の物は売っていますが、秋月電子に行き、購入することにしました。

行くと、チューブの口径は3mm、6mm、10mmしかなく、色も赤、黒、透明の3色のみでした。しょう
がなく、透明の6mmと10mm口径を購入しました。其々、1mで10mmが60円(税込み)、6mmが50円
(税込み)です。

テストで、モバイルバッテリーに使っていた、ライトニングケーブルがのもとが、消えかかっていました
ので6mm口径を使い補修することにしました。



こいつのケーブルと端子が抜けかかっています。



長いままで押し込まなくては入りにくいです・



バーナーで少しあぶりすぎた感はありますが。問題なく使用できるようになりました。

関連記事

Category: デジタル通信端末

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : 熱収縮チューブ シュリンクチューブ ライトニングケーブル 補修

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks