2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

アプリの更新と設定の見直し

 【09//2017】

スマホやタブレットのスペック、更に対応アプリの品質が上がると、PCの出番も減ってきます。

dbe580ca407dbfa2ed15f4ce79b0170d_s.jpg


ただ、定期的にアプリの更新は見なくては、支障も出てきます。まずは、ブラウザーで標準として
使用しています Firefox の確認ですのです。

Firefox はVer .54 になる事により、ブラウザの動作を高速化するために8年以上かけて開発され
てきたマルチプロセス技術「Electrolysis」が全ユーザー向けに解放されました。

しかし、いまだ多くのユーザーの環境ではFirefox 54にアップデートしてもこの恩恵を受けられない
ケースがあるようです。

その原因は、このマルチプロセス技術に非対応のアドオンのせいで、場合によってはちょっと面倒
な手順を踏まなければオンにできないことがあるようです。

高速化が対応されているかの確認は、Firefoxのアドレスバーに「about:support」と入力し、トラブル
シューティング情報のページを開きます。

「マルチプロセスウィンドウ」の項目が「(アドオンにより無効)」と表示されていればまさにこのケース
に該当します。私は、その未対応状態でした。

どのアドオンが問題になっているのかを調べるためには、Mozillaの提供しているアドオン「Add-on
Compatibility Reporter(アドオン互換性レポーター)」をインストールします。

Add-on Compatibility Reporter :: Add-ons for Firefox
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/add-on-compatibility-reporter/

これにより、数種類、未対応状態でしたアドオンがありました。問題のアドオンを停止させるか、削
除する手もありますが、ここは、リフレッシュさせて再設定をしました。アドオンは再度見直しです


これにより、 Firefox が軽快に 動作する様になりました。特に動きの差が出たのは、自身のブログ
(ホームページ)です。3ペイントしていますが、リンクページの読み込みが遅いのが気になっていま
した。反面、他の方々はブラウジングで遅いのであれば、読み込みを早くする様に、作り替える必要
があります。

ブラウジングは軽量であれば有るだけ良いに決まっています。

Firefox の高速化が終わり、各、アプリのバージョンチェックです。結構、更新されています。他、
余分なファイルや、EXE ファイルはないかの確認をしましたが、結構、放置 EXE ファイルが有りま
した。

この他、 SSDをCドライブに導入した時に、クローンを作ってから余分なファイルは削除の上、エリ
ア拡張したはずが、未設定エリアがいくらか有りました。これを再設定。

いくらか、保存エリアが広がりました。Windows10もCrieitiveUpdateで仕様が大hばに変わっ
ていますが、どの様な影響が出てくるのかは、使用しながらの確認ですね。



関連記事

Category: PC

Theme: 趣味と日記

Genre: 趣味・実用

Tags : PC Windows10 アプリ更新 設定変更 Firefox

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks